カタログに必須な訴求力|お店を成功させたいなら店頭POPを使い分けよう|宣伝効果を上げる

お店を成功させたいなら店頭POPを使い分けよう|宣伝効果を上げる

カタログに必須な訴求力

カタログ

購入したいと言う気持

カタログ制作にはカタログに掲載されている商品をアピールする事、そして購入したいという訴求力が必要になります。カタログ制作は商品写真を利用して購入意欲を掻き立てるという事が主流となりますが、写真を単に掲載するだけではなく、カタログを見る人にとって魅力を伝える事が訴求力に繋がります。しかし、カタログというのは色々な種類がある事、同じ場所に競合するメーカーのカタログが展示されている事もあります。競合する会社が多い業種などの場合、顧客にカタログを手に取って貰うための工夫を取り入れカタログ制作を行う必要があります。例えば、表紙に工夫を凝らす事で、数冊のカタログが並んでいても手に取って中を見て見たいという訴求力も必要です。

カタログは文章が少ない

カタログというのは商品写真を中心とした構成になっている印刷物で、文章というのはそれほど多くはありません。見る側に魅力を伝える写真を掲載する事もカタログ制作では必要ですが、簡潔にまとめ上げた文章を読んで貰う事で読み手が魅力を感じてくれて商品購入をして貰える可能性を高めてくれます。尚、カタログ制作を専門に行っている会社は、過去に数多くのカタログ制作を手掛けており、ニーズに合うカタログを作り出して貰う事も出来ます。制作依頼を行う場合には、過去事例を参考にする事で、どのような制作物が出来るのかを把握する事が出来ますし、自社が制作をしたいカタログ制作を得意としている制作会社であるのかどうかを確認する事も出来ます。